カウンセラー養成

  • HOME »
  • カウンセラー養成

結婚教育カウンセラーを志してくださるみなさま、
関心をお寄せくださるみなさまへ

2011年1月から夫婦問題カウンセラーとしてスタートをすることにしました。

「こんな仕事で本当にやっていけるの?」
「静かに看護師をしておきなさい」
周りの人からそう言われました。

しかし、私は夫婦問題カウンセラーという道を選択し、
今、結婚教育カウンセラーとして充実した毎日を送っています。

この人生を生きる前の私は看護師、医療カウンセラーを経て7年勤めていた美容系のカウンセラーの仕事を人間関係のしがらみに傷つき退職していました。

周りは再度、看護師として生きることを進めましたが、看護師に戻る気には到底なれません。
看護師として定年を迎えるときの自分の姿を想像した時に私は、とても幸せで健康で生きがいをもって生きている自分の想像ができませんでした。

私の親友は看護師に生きがいを見出し生き生きと生きていましたから看護師をしている方がみなさん私と同様の意識を持っていると決してそう言っているわけではありません。

私は13年半で結婚生活にピリオドを打ちました。
離婚後も多くの葛藤を抱えていましたが、私は年を重ねるほどに
生き生きと後悔なく自分を大好きで、自分を認めて、余裕をもっていきていけるのは、どういう方法なのだろうと常々考えながら、ボランティアや地域活動などをしながら美容系のカウンセラーとして生きていました。
人間関係も経済的にも人生最大の挫折をしていた、2010年、夫婦問題で名高い岡野あつ子先生を知り、カウンセラー養成講座の説明会に行きました。

「この仕事をしたい!」

魂の震えるのを感じました。
使命感を持ち、2010年秋から離婚カウンセラー養成講座で学び、
2011年1月には事務所を構え開業、その翌2月から全国各地にクライアントさんが誕生しました。

「夫婦問題」とネットで検索をする頃には、もうドロドログダグダに傷ついている沢山の方々をサポートをする中で、結婚相談所の必要性も考え、ほぼ同時に開業し、開業3か月目で結婚できる方々が誕生してきました。

1

多くの方のお役にたつことができる中で思ったこと。
夫婦問題の段階に来ての対応だけでは、もう難しい。
幼少期から高齢期にわたって「人は、何歳になっても成長することができ、様々な困難や試練がすべて人生を豊かなものにするということ」をお伝えするメソッドが重要であることを感じ結婚教育の普及のためにとNPO法人日本結婚教育カウンセラー協会を設立。
そして「婚育100年プロジェクト®」をプログラム化しました。

4

今では、自分自身の人生の経験そのものが、お人のお役にたてることがうれしくてたまりません。

結婚するカップル67万組、離婚する夫婦が23万組。
結婚すれば誰でもしあわせになるというわけではなく、共に人生を深めることができる夫婦になるためには、大いに学び、心を整えていくことが大切です。
その思いに共鳴をし、多くの方のお役にたちたいと深い志を共にしてくれる人材を輩出したいとカウンセラー養成講座を2012年10月に第1期生を、2014年2月から第2期生をスタートしました。いよいよ第3期生は、この5月からスタートとなります。

shitei

多くの皆様とともに結婚教育をベースに自立した経済と自由な時間の獲得をしながら
それと同時に自分の人生のすべてを大きく社会の中で役立てていく。
志のある仲間と共に切磋琢磨をしながら、尚且つ共に励まし、共に学び、共に豊かな人生を深めていきましょう。

2

さあ!いよいよ第3期生として多くの皆様とお会いできますことを心より祈っております。

tanahashi_h47_l

結婚教育カウンセラー養成スクールのホームページはこちら
3期募集画像02

PAGETOP
Copyright © 棚橋美枝子事務所 All Rights Reserved.